SERVICE
量販店ラウンダー

ラウンダーは、販売機会のロスを防ぎ、
店頭売上の最大化に貢献します
主婦を中心とする専門のスタッフ(ラウンダー)が、「消費者が商品に直接触れる場」である小売店を定期的に訪問します。
ラウンダーは採用商品を確実に店頭に並べ、発注漏れによる欠品を防ぎ、本部商談で決定した販促企画を店頭で具現化します。
さらに、定期訪問によって店舗担当者様との信頼関係を築き、本部決定以上に有利な売り場(買い場)展開も可能となります。

RECOMMENDED このような課題を持つ企業様にオススメです

ラウンダー未導入 NOT INTRODUCED

  • 店頭の催事売り場作りや品出しフォローを営業担当が行っており、本来の業務に支障が出ている
  • 営業人数や営業所が少なく、遠方の店舗は出張対応になってしまう
  • 通販や訪問販売専門で販売していたが、量販店で新たな売上の柱を作りたい
  • これから日本の市場を開拓しようと考えている

ラウンダー導入済(社内組織) ORGANIZATION

  • 新たな販売チャネルで売上の柱を作りたい
  • ラウンダーの指導・管理が支店ごとの管轄になっており、成績にばらつきがある。結果、他社に店頭が負ける地区が出てきても対応策が取れていない
  • ラウンダーの費用対効果について社内で見直しが入っている
  • 自社ラウンド組織の問題点・改善点を把握したい
  • 自社ラウンダーの退職・休職による訪問エリアの穴あきや、欠員補充に苦戦している
  • 有期雇用だったラウンダーを無期雇用転換することに不安がある
  • 今後の流通の変化(※)により、自社ラウンド組織の固定費が収益を圧迫する可能性を危惧している

※ セルフレジの増加、品出しの自動化などによるメンテナンス需要の減

ラウンダー導入済(外部委託) CONSIGNMENT

  • ラウンド組織の費用対効果が見えない
  • ラウンド組織の仕組み化ができていない
  • 効果的な運営に向けた満足できるフィードバックがない
  • 改善サイクルが無く、組織の底上げがされない

ACTIVITY ラウンダーの活動内容

売り場管理
  • 品出し、前出しやクリンネンス
  • 商品陳列、演出(VMD)
  • 販促物、見本、什器設置
商品管理
  • 未採用商品の取り扱い交渉
  • 発注促進、 受注交渉
  • 品質、 賞味期限チェック
情報管理
  • 店舗担当者様への情報提供
    • 新商品、 既存品情報
    • 本部企画
    • マーケティング情報
      (市場背景、メディア露出情報など)
  • 店舗情報の収集
    • 配荷率、売価、フェイス数
    • 展開場所、箇所数
    • 店舗担当者の声
    • 他社情報
    • 売り場写真
交渉
  • 本部企画の実施交渉
  • フェイス数、展開場所拡大交渉
  • アウト展開交渉
  • 関連陳列交渉
その他
  • クレーム一次対応
  • 返品対応
    (買い取り / 赤伝 / 配送など)
ご提案
FMSは、貴社の現状の課題にもとづき、「売上アップに
必要なラウンド活動」をオーダーメードでご提案いたします。

ROUNDER ラウンダーの導入メリット

01本部決定企画、棚割りの具現化による販売機会ロスの削減

  • 40%未満といわれる本部決定事項の具現化率を90%以上にアップさせる
  • 棚割りで決まった商品が陳列されていないのを防止する
  • 店舗の追加発注漏れなどによる欠品や売り場スペースの逸失を防止する
ラウンダーはこれらの実現により、販売機会のロスを削減することができます。

02本部営業担当者様の「見えないコスト」を削減

専門のラウンダー組織を持たないメーカー様の場合、本部営業担当者様が催事売り場作り・品出しフォローなどに忙殺され、
本来の業務である小売り本部への提案営業が圧迫されるという「見えないコスト」が生じている可能性があります。

営業社員が対応する場合
例:東京から関西チェーン4店舗の
催事対応を行う場合
店舗への企画案内・売り場拡大交渉
(1日4店舗と想定)
  • 人件費
    1営業日¥25,000
  • 往復交通費
    ¥30,000
  • レンタカー
    1日¥6,000
売り場展開
(1日2店舗と想定)
  • 人件費
    2営業日¥50,000
  • 往復交通費
    ¥30,000
  • 宿泊
    2泊¥16,000
  • レンタカー
    2日¥12,000
1
店舗の催事対応に
かかったコストは
¥42,250
になります
ラウンダーを活用した場合
  • 人件費2割り程度カット 人件費2割り程度カット
  • 交通費1/10程度 交通費1/10程度
  • 宿泊費0円 宿泊費0円
  • レンタカー代1/4程度 レンタカー代1/4程度
催事対応にかかるコストを半分程度に抑え、
本部担当営業様は、主業務である本部商談に集中

※あるメーカー様では、営業担当者様が業務時間の40%を店舗巡回に割いている一方で、本部商談には25%しか充てていなかったという調査結果が出ています。

03店舗担当者様のロイヤリティアップ

「店舗に足を運ぶ」という行為は、店舗担当者様から貴社へのロイヤリティアップに繋がります。
店舗担当者様との関係性構築により、本部商談での決定事項以上の売り場展開が行えるケースもあります。

04活動情報・運営情報の一元管理

ラウンダーを導入することで活動状況や活動結果の可視化が可能になります。FMSでは、貴社専用の事務局がラウンド組織を一元管理。全国統一の基準でラウンド組織を運営することで、活動結果から組織の運用管理に関する業務まで可視化・標準化いたします。すでに自社でラウンダー組織を持っていても、ラウンド組織の運用管理が仕組み化できていないことによって発生している「ラウンド活動で十分な成果が上がらない」という課題も解決いたします。

可視化・標準化できる情報例
  • 巡回店舗選定
  • 店頭活動
  • スタッフスキル
  • 本部企画の未実施理由
  • 売場状況
  • 店頭活動の投資額
貴社専用の事務局が、
目標達成にむけたラウンド組織の仕組化を実現します

IMAGE 量販店巡回サービスの運用イメージ

FMSは、ご依頼いただいたメーカー様ごとに専用の事務局を立ち上げます。
一連のPDCAサイクルを円滑に循環させ、成功を再現できるラウンド組織を運用します。

01ラウンド組織の業務設計

目標や課題に応じて、貴社のラウンド組織をオーダーメードで設計します。
どのような売り場がメーカー様の売上アップにつながるかを洗い出し、ラウンダーの活動内容や進捗管理の指標(KPI)を具体的にご提案します。

02店舗選定とスタッフ配置

約40年間多くのメーカー様をご支援する中で培った下記の経験とデータベースをもとに、巡回店舗の選定とスタッフ配置をご支援します。

  • ・訪問に効率的な巡回ルート
  • ・チェーン特性(※)
  • ・地域特性
  • ・目標達成に必要な訪問店舗数やカバー率

※ ラウンダーに多くの裁量が任されているところ、店頭で交渉の余地がないところなど、チェーンによって特性があります。

03売り場での具現化

本部商談で決定した内容は、依頼書(=店頭で具現化してほしいこと)としてまとめ、事務局にご依頼いただきます。
ご依頼内容は事務局を通じて全国のラウンダーに通達され、店頭で速やかに実行します。

04結果の可視化と検証

「依頼事項の完了率」「売り場の状況」「実績(セルイン/セルアウト)」など、ラウンダーの活動結果は具体的な数値として可視化します。売上アップや課題改善に必要な活動ができているかを検証し、必要に応じて活動内容、店舗の見直しも行います。定期的に事務局会議を実施し、検証結果に基づく改善策を協議することで、次へのアクションにつなげます。

05定例会で課題解決

定期的に会議を実施し、依頼事項が完了できていない場合は原因や理由、改善策をメーカー様とともに検討します。
取るべき対策は商品改善なのか/販促物の改善なのか/スタッフのスキル改善なのか/など、ボトルネックを見つけてラウンダー活動に反映させます。
スタッフスキルが原因の場合は、ラウンダー専用カリキュラム「売れる売り場づくり研修」で「商品陳列」「VMD」などのテクニカルスキルと「交渉力」「プレゼンテーション力」などのヒューマンスキルを育成します。